mail
メール
こちらから

新着情報

News

【インフルエンザと新型コロナを見きわめる】不安な症状がある場合の対処法

お役立ち情報20/11/04

インフルエンザの予防接種が始まり、ご家庭でも備えられていることと思います。

今年は新型コロナウィルスの流行もあり、不安を感じておられる方もいらっしゃるでしょう。

ただコロナに関しては、初期のころに比べると随分たくさんのことがわかってきています。

医療機関での対応も確立されてきていますので、体調不良を感じたときも落ち着いて行動しましょう。

かかりつけ医にインフルエンザの検査はしてもらえる?

これまでは小規模なクリニックなどを含め、多くの医療機関がインフルエンザの検査を行っていました。

近所のクリニックなどで検査を受けていた方も多いと思いますが、今年はインフルエンザの検査を実施しない施設もあります。

不安や不満を感じられるかもしれませんが、検査を中止する主な理由は、検査方法に危険があるため。

これまでインフルエンザの検査の多くは鼻の奥を綿棒でこすり、鼻腔ぬぐい液を採取する方法をとってきました。

ただこの方法は咳やくしゃみが出やすく、万が一コロナに感染していた場合に感染を拡大する恐れがあります。

大病院のように感染症ブースなどが完備されていない施設では、「“インフルエンザの可能性がある”と診断した場合は、検査なしで薬を処方することもある」としているところもあります。

検査を希望される方や不安のある方は、事前の問い合わせをおすすめします。

体調不良を感じたら、受診の前にご相談を

新型コロナウィルスは嗅覚障害や強い倦怠感など、特徴的な症状がいくつか確認されています。

またインフルエンザも熱が上がるタイミングなど、様々な特徴があることがわかっています。

患者さまのお話から判断できる場合もありますので、まずはかかりつけ医や近くの医療機関にお問い合わせください。

これからの季節はインフルエンザと同時に、新型コロナにも感染するケースが増えると予測されています。

症状を伺ったうえで受診をおすすめすることもあれば、新型コロナの検査が受けられる施設をご紹介することもあります。

感染拡大を防止しながら安全に検査や治療を受けるためのお手伝いをいたしますので、ぜひ受診前にご一報ください。

カーテンによる隔離は安全?

小規模なクリニックなどでは、カーテンで仕切られた「隔離スペース」を用意していることがあります。

空気感染などの不安を感じておられる方からは「意味があるの?」と聞かれることがありますが、インフルエンザと新型コロナは、多くが飛沫による感染であると言われています。

カーテンやパーティションにも、咳やくしゃみ、会話時の飛沫による感染防止の意味は十分にあります。

それでも不安な場合は、車の中で待つことができるかなど、事前に問い合わせをされることをおすすめします。

「こんなことを聞いてもいいのかな?」と気にされる方もおられますが、感染拡大予防は大切なことです。

状況は病院によって異なりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

 

 

カテゴリー

タグ

  • 岡山市北区で呼吸器科なら平松医院

  • 〒700-0826
    岡山県岡山市北区磨屋町9-5
    (医院裏手に駐車場2台あり)

    086-232-1070

診療時間
9:00〜13:00
16:00〜18:00