mail
メール
こちらから

新着情報

News

【新型コロナどう予防する?】アルコール消毒やマスクによる、手荒れや肌荒れが増えています

お役立ち情報21/02/10

新型コロナウイルス感染予防のため、店舗や施設には消毒液が設置され、入店の際にはマスクが求められるようになりました。

予防には不可欠ですが、「アルコールで手が荒れる」「マスクで肌荒れがひどくなった」などの悩みも増えています。

なかには「アルコールが肌荒れにしみて痛い」という方も。

今回は「手は必ずアルコールで消毒しなければいけないのか」といったことについて、お話ししたいと思います。

大切なのはウイルスを「洗い流す」こと

アルコール消毒は感染予防に役立つのですが、肌には刺激が強く手荒れの原因となっています。

アルコール消毒しか方法がない場合はやむをえませんが、近くに手を洗う場所があるなら石けんや流水での手洗いも有効です。

できれば石けんを使って、石けんがなければ流水だけでもかまいません。

寒いときはお湯で洗いたくなりますが、お湯も水もウイルスを洗い流す効果は同じ。

お湯は手を乾燥させてしまうので、手荒れがひどい方はぬるめのお湯や水での手洗いがおすすめです。

手を洗うときは、指先・指を一本ずつ・手のひら・手首など、順番を決めておくと洗い残しが防げます。

「ウイルスを手から引きはがす」イメージで、しっかり洗い流してください。

日本では「もしもし亀よ」を歌いながら、アメリカでは「Happy Birthday to you」を歌いながらしっかり洗うと、時間的には十分だと言われています。

お気に入りの歌を見つけて、予防が習慣づけられるといいですね。

スプレータイプとジェルタイプの違いは?水で薄めても効果はある?

アルコール消毒にはスプレータイプとジェルタイプがありますが、よりしっかり予防できるのはジェルタイプの方。

「なんとなく手全体についた」イメージでそのままにしてしまいがちなスプレーに対し、しっかりこすりつけなければ消えないジェルの方が隅々まで消毒できます。

「刺激が強すぎる」と水を入れて薄めてしまう人がいますが、十分な殺菌効果がなくなりますのでやめましょう。

最近では様々なメーカーから保湿成分入りの消毒液が販売されていますので、ドラッグストアや化粧品コーナーをチェックしてみてください。

手荒れはこまめにハンドクリームなどで保湿し、マスクによる肌荒れも化粧水や保湿クリームなどで水分や脂分を補ってください。

「それでも治らない」という方は早めに皮膚科などを受診し、相談されることをおすすめします。

病院では赤みやかゆみといった炎症を抑える薬だけでなく、保湿剤なども処方しています。

肌にもストレスがかかりますが、新型コロナはまだリスクのある病気です。

お気に入りの消毒液を入れたボトルを持ち歩いたり、おしゃれなデザインのマスクを選んだりして乗り切りましょう。

平松医院では、肌トラブルのご相談も受け付けています。

肌荒れにお悩みの方はいつでもご連絡ください。

 

 

カテゴリー

タグ

  • 岡山市北区で呼吸器科なら平松医院

  • 〒700-0826
    岡山県岡山市北区磨屋町9-5
    (医院裏手に駐車場2台あり)

    086-232-1070

診療時間
9:00〜13:00
16:00〜18:00